web制作のプロに依頼する

image

企業が素人丸出しのサイトを作るとイメージを損なう

企業が自社でwebサイトを運営する場合、サイトのデザインや使い勝手などで企業イメージが上がったり下がったりすることがあるので注意が必要です。たとえば、比較的、知名度の高い会社にもかかわらず、サイトのデザインがどう見ても初心者用のホームページ作成ソフトに付属しているテンプレートを使っているという場合、ネット利用者からの評判はかなり下がるでしょう。というのは、ネットユーザーを軽視している、あるいはネット自体を軽んじているという印象を与えてしまうからです。
こういった事態を避けるためには、若いからとかITに詳しそうだからといった理由で自社の社員にサイトを作らせるのではなく、サイト制作会社に任せた方がいいです。

予算を伝えて複数の制作会社に見積もりを出してもらう

サイト制作会社に依頼した場合、もちろん、その会社の実力にもよりますが素人が作成ソフトで作ったものとはレベルの違うものを作ってくれる可能性が高いです。ただ、いいサイトを作れる制作会社はその分、高い報酬を求めてくるので予算の設定の仕方が大事です。できれば、最初に複数の制作会社に見積もりを出してもらえるよう、お願いすべきでしょう。その際、当然予算を伝えるべきです。そうすれば高額な制作料金にびっくりするといったことがなくなります。
また、制作会社との交渉にあたる担当者はウェブサイトに詳しい人物を割り当てるようにしましょう。ある程度の決定権も与えるべきです。そうすれば、サイト制作が円滑に進み、比較的早くサイトの運営を始められる可能性が高くなります。

サイトストラクチャーとはwebサイトの階層構造を書き起こしたもので、webサイト制作において必要な要素の一つです