ホームページ作成ソフトをインストールする

image

初心者向けだが上級者にも有用

HTMLなどまったくわからないという人でもホームページを作る方法として、専用の作成ソフトを用いるというものが挙げられます。作成サイトをPCにインストールして用いた場合、わざわざHTMLを書く必要はありません。文章を入力し、対応したアイコンを選択するだけでフォントの種類を変更したり、下線を引いたりといったことができるからです。また、そうやって修飾した部分はブラウザで表示したときと同じように見えるので、いちいちサーバーにアクセスして確認する手間も不要です。
アクセス解析用のスクリプトを組み込みたいという場合でも、HTMLを直接編集できるモードに切り替えてスクリプトのコードを貼ればいいので問題ありません。HTMLを自分でいじれるという点では初心者だけではなく、上級者でも有用なソフトといえるでしょう。

デザインを差別化したいなら付属している素材は使わないように

では、作成ソフトを利用する場合に気をつける点として、どういったものが挙げられるでしょうか。注意しなければならないのは、サイトのデザインや画像、アイコンのオリジナリティの部分でしょう。ホームページ作成ソフトは、初心者でも整ったデザインのサイトを作れるようにテンプレートや画像、アイコンといった素材が最初からいくつか用意されています。もちろん、それらを使ってもなんの問題もありませんが、ソフトの利用者が皆、使うことになると結果的に画一的なデザインのホームページになってしまうのです。
したがって、ほかのサイトとデザインを差別化したいのであれば、素材は作成ソフトに付属しているものをそのまま使うのではなく、書籍に付属しているCDや、ネットサービスから調達した方がいいでしょう。