分かりやすくするために動画や写真を導入している

image

動画や写真を導入するメリットとは

人気が出るWebサイトは共通した特徴があります。それは「見やすい」ことです。 そして見やすくするために必要なものが、動画や写真です。 なぜかというと人気があるWebサイトは文章だけではなく、程よく写真を文章と文章の間に入れています。 それは見ている人にあきさせない心理効果があります。Webサイトとは開いた瞬間のデザインの印象で見るか見ないかが決まります。 文章ばかりのWebサイトは見ていて面白くなく、視覚ですぐにあきてしまいます。 そのため動画や写真が入っているWebサイトは見やすく「どんなサイトか見てみよう」となります。 また画像や動画を入れるメリットは視覚であきさせないだけではなく、文章では伝えにくいものを動画や写真を使うことで伝えることができます。Webサイトで伝えたい事が動画や写真を使うことによって、見ている側にスムーズに伝わります。

動画や写真を入れる時の注意点

Webサイトの中に動画や写真を入れる事で、見やすくなるとお伝えしましたが注意してほしいことがあります。

それは動画や写真の著作権の問題です。
動画は自分で撮影した場合、撮影場所に気をつけましょう。撮影禁止の場所もあります。
また動画は音量や、動画の画質、言葉で伝える場合は話し方の早さなどに気をつけましょう。

また、写真は主に画像サイトからダウンロードするパターンが多いですがこれも要注意です。
写真は「著作権のため使用は禁止」のところや、「著作権はフリーではありませんが商用利用OK」のものが多く存在します。
商用利用によって、「これに使うことは良くてこれに使うことはダメ」と記載が必ずしてあるため写真を使う際はダウンロードするサイトで必ず確認しましょう。

動画や写真は、著作権に引っかかると法に触れ訴えられる場合がありますので、使用する際には注意が必要です。